BLOG SEO

ブログ記事のネタを見つける方法【もう悩まない】

2020年10月17日

ブログ記事で何を書けばいいのか分からない。

どうやってネタを集めればいいのか知りたい。

本記事ではこんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • 検索エンジンについて知っておくこと
  • ブログ記事に役立つ情報を得るための方法

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は2020年10月時点で、ブログ歴3ヶ月目です。ありがたいことに収益5桁を達成することができました。

 

それでは内容に入っていきましょう。

 

ブログを開設して記事を書こうと思ったとき、ネタに困ることはよくあると思います。

 

自分もブログ1か月目の頃は何が正しいのか分からず、悩んだ経験があります。

 

本記事では、そんな思いをしている人に向けて、ブログ更新を行っていくときにどのように情報収集をするかをお伝えします。

 

これからブログを始めたいと考えている人はたった5分で始めるWordPressクイックスタート【ブログの始め方】をご覧ください。

 

ここで紹介する方法から自分に合ったネタの集め方を実践してみてください。

 

記事のネタが思いつかない原因

 

記事を更新する上でなかなかネタが思いつかない原因は、「インプット」と「アウトプット」のバランスが悪いからかもしれません。

 

学校を例えにすると、生徒は授業を受けますよね。

授業で分からない漢字が出たら、決まって「習っていないからわかりません」と答える人が出てきます。

 

この例えが分かりやすい例だと思うのですが、ブログで記事を書くときも同じです。

ある程度インプットをしないと記事として表現することはできません。

インプットを日常的に行う習慣をつければ、だんだん記事のネタも思い浮かびやすくなってきます。

毎日の積み重ねが結局力になりますね!

 

記事のネタを集める3パターンの方法

 

前置きはこれくらいにして、本題に移りましょう。

 

記事のネタを集める方法はたくさんありますが、「たくさん方法がありすぎて何から手をつければいいのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。

 

そんな時は、この3つのパターンのどれか、もしくは全部を試してみてください。

 

記事のネタを集める3パターンの方法

  1. 自分の実体験をネタにする
  2. テレビや新聞や本から情報を得る
  3. ネットから情報を得る

 

それでは記事のネタを集める3パターンの方法について、ひとつずつ詳しく見ていきす。

 

➀:自分の実体験をネタにする

 

まずは一番書きやすい自分の実体験をもとにする方法です。

 

ブログは一般に「人の悩みに関する記事」がよく読まれるといわれています。

 

皆さんが過去にかかえた悩み、コンプレックスを記事にすると、読者からの共感を誘うことができ、一定の需要があるのでおすすめです。

ここで注意なのは、悩みやコンプレックスに対する解決案を読者は求めていること。

自分の経験についての感想を表現するだけの記事は、いちばんおもしろくないのでNGです。

実体験に対する感想+悩みの解決法を示してアクションを促すように心がけよう。

 

実体験をもとにした記事のテーマ例

  • 高校受験・大学受験
  • 進級・進学・就職
  • 恋愛・婚活・結婚
  • 節約方法
  • 出産・子育て
  • 最近見た映画・スポーについて
  • 普段使うガジェットや音楽機器
  • ダイエット・ウォーキング
  • 料理・グルメ店について

普段の生活や実生活で学んだ経験などをもとにしたテーマを考えると、上記のようにたくさん思いつきました。

 

誰でも、何かしら経験はしていると思うのでそれを記事におこせばいいと思います。

 

自分では普通だと思っている経験が他の人にとってはすごい経験だったりするので、見てくれたらラッキーくらいの気持ちで書いてみてください。

 

テレビや新聞や本から情報を得る

 

自分の経験をネタにする方法についてお話しましたが、テレビや新聞などから情報を集めてネタにするのもおすすめです。

 

ほとんどネットなどからブログ記事のインスピレーションを受けているブロガーさんが多いと思うのでアナログ的な情報を使うことで差別化ができます。

 

自分は本から情報を得ることが多いのですが、おすすめの書籍をいくつか紹介しておきますね。

 

③:ネットから情報を得る

ここまでアナログ的な方法でネタを集める方法について紹介してきました。

ここからは馴染みが深い「ネット」から情報を得るための方法をお伝えします。

僕が実際に3か月間ブログ更新を行う際に使ってきたツールについて紹介します。

ニュースサイト

ブログのネタを集めたいとなったとき、いちばんおすすめなのはスキマ時間でニュースを見ることです。

 

そんな有益な情報を手に入れることができるニュースサイトについてここでは紹介していきます。

 

Yahoo!ニュース

> Yahoo!ニュース

Yahoo!News(Yahoo!ニュース)は、日本国内や海外のニュース・話題を多岐にわたって提供しているニュースサイトです。

日本最大のニュースサイトであるためこれをチェックするべきなのは間違いないです。

ポータルサイトのため、芸能やスポーツニュースが上位に来るという傾向があるみたいですね。

 

過去の閲覧履歴、検索履歴によって内容が変わるので、ビジネスに利用するにはぴったりです。

自分はよく、経済のジャンルやエンタメのジャンルを見て記事に使えそうなネタを探すようにしています。

 

News Picks

> News Picks

 

News Picksは「経済をもっと面白く」をコンセプトとして、ニュースを業界の著名人や有識者のコメントとともに読むことができるメディアです。

無料を含めたユーザーはおよそ470万人を超える、大規模な経済メディアとなっています。

 

ビジネスパーソン向けの情報が豊富なので、ブログに利用しやすいのもおすすめです。

自分の記事を書くこともできるのが良いポイントのひとつだと思います。

 

東洋経済オンライン

> 東洋経済オンライン

 

東洋経済オンラインは、社内記者の他に多くのジャーナリスト・ライター、組織と連携をして運営されている経済関連中心のメディアです。

IDに登録をすることなく無料で全記事を読めるところもユーザーへの配慮が優れているとおもいました。

 

個人サイトよりも専門家の意見が豊富なので、参考にしやすいと思います。

 

ハフポスト

> ハフポスト

 

ハフポストはもともと米国から開始したニュースサイトで、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアとの連携が強いのが特徴です。

Yahoo!ニュース、CNNに続く大規模なメディアで、情報の物足りなさは少ないと思います。

 

専門家の知識だけでなく、海外の編集部の記事や個人ブログの転載など、個人の声を拾い上げた記事が多いのが特徴です。

キーワード取得ツール

 

ブログをやっている人のほとんどが意識しているSEO対策ですが、キーワード選定はとても重要です。

 

SEO対策を意識した記事を書きたい方は、キーワード取得ツールを使いましょう。

 

キーワードというのは、読者が記事を検索するときに調べる単語のことです。

 

例えば「一人暮らしにおすすめの家具」を知りたい人に向けた記事を書く場合、「一人暮らし」「家具」「おすすめ」という3つの単語をキーワードとして設定するものです。

 

ブログを書くならこのキーワード選定は非常に重要な要素になってきます。

 

選定したキーワードは記事のタイトルに含まれるようにするのが一般的です。

 

Googleアラート

> Googleアラート

キーワード選定を行うとき、このGoogleアラートを使うのがおすすめです。

 

どんなことができるかを説明すると、例えば上の写真のように「ブログ」と検索したとします。

そうするとGoogleがそのキーワードを含む情報がWeb上に流れると、メールで自動的に通知をしてくれます。

 

アラートを通知する頻度などを細かく設定することもできます。

Googleアラートの通知設定

  • その都度
  • 一日一回以下
  • 一週間に一回以下

自分は一週間に一回以下を設定しています。

自分のブログの更新頻度なども考えてアラートを設定するとベストです!

ラッコキーワード

> ラッコキーワード

ブログをやっていく上で頻繁に使うツールのひとつです。記事のライティングの前には必ず使用するようにしています。

ラッコキーワードに登録しておくと、お知らせを受け取ったりアフィリエイトをすることができます。

>>ラッコキーワードでアフィリエイト

Googleアラートやニュースサイトでどんなキーワードで記事を書きたいか決まってきたら、ラッコキーワードで検索をかけてみましょう。

 

「家具 一人暮らし」について検索をかけてみます。

このように検索をかけたキーワードを抽出してくれます。

ここで抽出したキーワードを記事のタイトルに含めたら、あとは本文を書くだけです。

 

Q&Aサイト

ここまでニュースサイトやキーワード取得ツールを使う方法を紹介してきました。

 

しかし、より読者の悩みに寄り添った記事を書きたいなら、読者の疑問を取り入れるのが重要になってきます。

そんなときは質問サイトに掲載されている疑問をベースに記事を組み立てるといいと思います。

 

そんなQ&Aサイトのなかで特に使いやすいと思ったものをここでは紹介します。

 

Yahoo!知恵袋

> Yahoo!知恵袋

[/st-flexbox]

Yahoo!知恵袋では電子掲示板上で参加者同士がお互いに知識や知恵を教えあうことができます。

 

このようにブログ運営に関する質問を匿名で行うことができるので、記事作成だけでなく運営自体の助けにもなると思います。

 

教えて!goo

教えて!goo

 

教えて!gooは国内で初めてQ&Aサイトとしてサービス提供を開始しました。

 

アプリ版の利用者が2500万人を超える大型メディアで、恋愛・人生相談まで豊富なカテゴリーがあります。

 

Yahoo!知恵袋と併せて使うのもおすすめです。

 

YahooAnswers

> YahooAnswers

最後に紹介するのは、海外で人気のあるQ&Aサイトです。

こちらは日本のYahoo!知恵袋のアメリカ版で、日本だけでなく海外の人が抱く疑問についても触れることができるのでピックアップしました。

 

英語ですが、Googleが正確に翻訳してくれるので手軽に使えます。ぜひ試してみてください。

 

ブログのネタを集めるなら

  • 本やテレビ、ラジオを使う
  • ニュースサイトを使う
  • 質問サイトを使う

ぜひ自分に合った方法を見つけてみてください。

本記事の内容はここまでです。

 


-BLOG, SEO

© 2021 HYON BLOG Powered by AFFINGER5