LIFE Work

タスク管理をもっと簡単にする方法【LINEアプリSKIMER(スキマー)を使ってみた】

2021年1月30日

 

タスク管理をしてスムーズに仕事をしたい。

作業のやる気が出ないときにおすすめのツールを教えてほしい。

 

このような疑問にお答えしていきます。

 

結論から言うとLINEアプリを使うだけでOK。

 

専用のメモ帳を買ったりして計画を立てようとしたけど挫折してしまったという経験がある方も多いと思います。

 

そこで今回は簡単に利用できタスクを飽きずに進めることができる『SKIMER(スキマー)』について解説していきますね。

 

本記事を参考にすると、より計画的に作業を行えるようになるかもしれません。

 

スキマーとはタスク管理をして飽きずに作業できるツール

 

SKIMER(スキマー)とはタスク管理がメインの機能となっているLINE用のアプリ。

 

対象は中高生や大学生ですがビジネスマンの方でも十分に利用が可能。

 

ブログを更新するときに使ったり、家族や友人とのタスク共有を行ったりすることができます。

 

このアプリの開発元は普通科で高校生として学業に取り組む傍らプログラマーとして活動するあんはるさん。

 

学校のアナログ的な情報の不便さを痛感したことで情報整理や締め切り管理をより簡単にできるようにSKIMERを開発したそうです。

 

グループラインなどでチャットをするイメージでタスク管理ができるので飽きずに続けることができますね。

 

スキマーの特徴について紹介します

 

それではSKIMERの特徴について紹介していきます。

 

主にできることは以下の二つ。

 

  • タスクの通知ができる
  • グループを作成して作業

 

SKIMERを実際に使ってみて良かったところも踏まえて紹介しますね。

 

タスクの通知ができる

 

SKIMERの特徴ひとつ目は『タスクの通知』ができるところ。

 

通常のスマートフォンで利用されているいるメモアプリやリマインダーアプリは通知を付けることはできるものの見過ごしてしまうことが多いですよね。

 

SKIMERの場合だと前日と当日の2回に分けて通知をしてくれるため忘れることを防ぎやすいです。

 

LINEアプリ上でメッセージ形式で送信されるので目につきやすいのがメリットだと思います。

 

友達とラインで会話をするようにタスク管理ができそうですね。

 

グループを作成して作業

 

SKIMERの特徴2つ目は『グループを作成して作業』ができるところ。

 

これはSKIMERのアプリ上でグループを作りランキング形式で競うことができるというもの。

 

締め切りを決めて誰がいちばん課題を多く終わらせれるかタスクの処理数をポイント形式で競ったりもできますね。

 

個人ではなくクラスやブログ仲間などのグループ共同で作業ができるのが特徴だと思います。

 

自然にモチベーションも高まると思いますよ。

 

スキマーの主な使い方を解説

 

ここまで簡単にSKIMERの特徴について解説をしてきました。

 

今度は実際にSKIMERを使う際のポイントを解説していきたいと思います。

 

使用することができる機能はこちら。

 

  1. 成績・ランキング
  2. グループを作る
  3. グループに入る

成績・ランキング:立てたタスクを表示

グループを作る:自分のグループを作成

グループに入る:他の人のグループに参加

 

グループは複数個作ることができ、他の人が作ったグループに入ることもできるようです。

※グループに入るときは「招待コード」が必要です。

 

ここではタスクを通知させる方法とランキング機能を使う方法を解説します。

 

それでは見ていきましょう。

 

タスクを決めて通知させる方法

 

まずはSKIMERで『タスクを決めて通知』させる方法についてです。

 

タスク管理を行うためには最初にグループを作るのが必須となっています。

 

まずはSKIMERのトーク画面に移動してください。

 

 

上記のような画面が出てくるので『グループを作る』を選択すればOKです。

 

 

自分が好きなグループ名を付ければ完了となります。

 

あとは実際にタスクを作るだけですね。

 

  1. タスクの名前:実行したいタスク名
  2. グループ名:好きなグループ名
  3. 締め切り:好きな締め切り日

 

上記の3つを入力すればタスクの通知をさせる設定は完了になります。

 

タスクを設定すると自動で通知を行ってくれます。(締め切り日の前日と当日)

 

ランキングや成績を付けて競う

 

最後にランキングや成績を付けて競う機能を使う方法について解説しておきますね。

 

こちらは非常にシンプルでSKIMERの管理画面から『成績・ランキング』を選択するのみ。

 

設定したタスクを完了した数がポイントになりグループ内のメンバーと競うことができますよ。

 

完了したタスクをタップすると以下のような画面が出てくるので評価を3段階で付けておきましょう。

 

 

評価をしておくとまだ完了していないタスクが一目で分かりますよ。

 

友人や家族、ビジネス仲間などで競いあってみてください。

 

 

やる気が出ないときなどはこの機能を使用してモチベーションをお互いに上げるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ:SKIMER(スキマー)は楽しくタスクを完了できるアプリ

 

今回はタスク管理アプリ『SKIMER(スキマー)』について使用方法や特徴を中心に解説をしてきました。

 

なかなか計画を立てて作業をするのは難しいと思うのでアプリを使うことでやる気が出ますよ。

 

LINEアプリから簡単に登録を行うことができるのでぜひとも利用してみてください。

 

ただチーム要素が強いので一人だけで使うのにはおすすめしません。

 

仲間と共にぜひSKIMERを使って作業を効率化させていきましょう。

 

>>SKIMERについて詳しく知る

 

-LIFE, Work

© 2021 HYON BLOG Powered by AFFINGER5